豊暁の海から

豊かな海と私たちの暮らしをアクセスする流通の拠点

カキの生産地として

カキの生産地として

呉という街は広島県南部に位置しており、比較的温暖な気候に恵まれている地域でもあります。

とりわけ、牡蠣の生産では有名な地域でもあり、河川も多く波浪も小さいために生育環境が整った地域なのです。

くわしく

瀬戸内海の魚介

呉市が面する瀬戸内海は、四方を陸地が囲んでいる”内海”であるため、山からの豊富な栄養分を含んだ川がたくさん流れ込んでいます。海流もないため流れも穏やかなので、魚のえさとなる小さなエビやカニも育ち、その餌を食べた魚が成長しやすい環境にあり

呉でよくとれる魚介
瀬戸内海の魚介
会社案内

会社案内

呉市場の特性として、鮮魚は瀬戸内海近海地物、特に一本釣り、うたせ網等の5t未満の漁船による漁獲物の水揚げが主で、タイ、カレイ、あなご、メバル、タコ、小エビ、その他時期により、非常に少量、多種にわたる新鮮な鮮魚がせりに上場されますが、漁業会出荷でなく零細漁業者が直接出荷するので、せり単位が少量のため仲買制度の導入が出来ず、売買参加者の直接せり参加になっております。

会社案内