かきの生産地として

 全国の生産量の半数以上を占める日本最大の産地 広島県。


広島湾は江田島、厳島、倉橋島等の島々で囲まれており、その湾へは太田川をはじめとする河川が多く流れ込んでいるため、大量の河川水が流れ込むことによる低塩水層が産卵期のカキが好む環境となり、カキの生育に重要な植物性プランクトンやプランクトンの増殖に必要な栄養分も河川から流れ込む理想的な状況を作り出しています。

 広島県で生産されているカキの種類は『マガキ』と呼ばれる日本に古くから生息している中程度の大きさの種類で、長細く、片側の殻が丸まっているのが特徴です。
 11月から3月が旬の時期とされています。